矯正歯科 歯列矯正治療の流れ・料金・期間

歯列矯正治療の流れ

1.矯正相談

2.精密検査・分析・診断

レントゲン、歯型、写真、顎運動解析装置、などの検査を行い、コンピュータで精密な分析を実施します。約1時間程の検査時間を要します。

3.治療計画のご説明

期間、使用装置、費用等のご説明

4.治療開始

動的治療…取り外し式や、固定式の装置を用い実際に歯を動かす治療
保定…きれいに並んだ歯並びが、元に戻らないように一定期間固定する治療 図(リテーナー)
終了…保定期間が終わると矯正治療が終了になる。

矯正治療の開始時期

反対咬合 出来るだけ早めの受診を勧めます。遅くとも小学校低学年には度検査を受けたほうが良いでしょう。
反対咬合を永く放置しますと、症状が骨格性に悪化します。
上顎前突上顎前突 反対咬合よりは少し遅くても構いませんが、小学校中学年頃には度検査を受けましょう。
叢生 小学校中学年頃までには検査を受けた方が良いでしょう。
開咬 舌の癖が関係している事が多いので、小学校低学年には度検査を勧めます。
大人の矯正 勿論成人になってからでも矯正治療は充分可能です。、小学校のうちに始めると、自分の永久歯を抜かないで治せる確立がかなり高くなります。

様々な矯正装置

(左)チンキャップ:主に反対咬合の治療に用います。
(右)ヘッドギヤー:主に上顎前突や上顎の大臼歯を奥に下げる時に用います。

拡大装置:主に歯列を側方に拡げる時に用います。

リンガルアーチ:主に裏側から歯を移動したり、固定したりする時に用います。

(左)マルチブラケット装置:個々の歯を3次元的にコントロールして、機能的な噛み合わせを作る装置
(右)保定装置:きれいに並んだ歯列が元に戻らない様に固定する装置

矯正料金

矯正料金は一部(次ページの健康保険が適用となる矯正歯科治療について参照)を除いて 通常は健康保険適用外ですので、全額自費扱いになります。

相談料 無料
精密検査料 3,000円
診断料 20,000円
装置料 簡単な矯正:100,000~200,000円
本格矯正:300,000~450,000円
監視料(処置料) 1ヶ月1回2,000~5,000円 (処置内容によって変わります。)

費用のお支払方法は、一括、分割、どちらでも構いません。カードもご利用できます。(NC、日専連)
詳しくは受付でご相談下さい。

矯正治療の期間

簡単な矯正

動的期間(歯を動かしている期間)…半年~1年
保定期間(治した歯並びが元に戻らないように固定する期間)…半年~1年

本格矯正

動的期間…2年~3年
保定期間…2年~3年

※期間はおおよその目安です。個人差がありますので、多少の増減はあります。

保険適用となる矯正歯科治療について

以下の疾病に付随する歯列不正、不正咬合の矯正歯科治療は、育成(更生)医療の適用となり、健康保険での矯正治療を行う事ができます。

唇顎口蓋裂、第1第2鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、トリチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、Russell-Silver症候群、 ターナー症候群、Wiedemann症候群、尖頭合指症、また、手術を必要とする強度の反対交合(プロレスのアントニオ猪木さん)や上顎前突等も矯正治療が健康保険適用となります。

(顎変形症の矯正治療) ただし、厚生労働大臣が定める施設基準に適合した育成(更正)医療指定の歯科医療機関でなければ、上記の健康保険治療が出来ません。
当クリニックは指定医療機関です。