矯正歯科 歯並びが悪いと

歯並びが悪いと

●審美性の障害

●嚼能率低下(うまく噛めない)

●歯周病になりやすい

●発音に影響

●消極的になりやすい

●噛み合せ不良による姿勢の悪化

●顎関節症の誘引となることがある

歯列不正による虫歯

歯列不正による歯周病

歯列不正の種類

●正中離開

●転移

●捻転

●移転歯

●埋状歯

●低位歯

不正咬合の種類 下顎前突(反対咬合)

下顎前突治療前

下顎前突治療後

不正咬合の種類 上顎前突(出っ歯)

上顎前突治療前

上顎前突治療後

不正咬合の種類 叢生(乱杭歯)

叢生治療前

叢生治療後

不正咬合の種類 開咬(奥歯は咬んでいるが、前歯、小臼歯はまったく咬まさらない)

開咬治療前

開咬治療後

不正咬合の種類 過蓋咬合(前歯の咬み合わせが異常に深い)

混合歯列の過蓋咬合治療前

混合歯列の過蓋咬合治療後

不正咬合の種類 交又咬合(上下の顎が横にずれている)

交又咬合治療前(上下の中心線がずれている)

交又咬合治療後(中心線が一致)